テンポを考える。

最近忙しさにかまけてブログをさぼってました!
先日上海の試合の決勝、フェデラ-対ナダル戦を見て思ったのはフェデラ-のテンポの早さの凄さです。
彼は他の選手より早いのは以前から思ってましたが、あの試合はいつもに増して早かった!!
準決勝でのデルポトロ戦も早かったがそれにも増して早かったと思います。
元々フェデラ-はテンポが早い選手だが彼のプレ-を見てるとバウンドに入るのが
早く、準備も早い。
ですから常にバウンドのどのポイントでも打てる位置に行けている。
そこには「予測、判断、反応」の早さがある。
普通の解説者は「高い打点で打ちました」と言うが、その日の解説者の谷澤氏は「早いテンポ、タイミング」と言ってました。
私は正解と思います。
高い打点は、早い打点の一つであり、全てそれだから良いと言うのではないとおもいます。
フェデラ-は小さい頃からかなりこの為の練習をしていたと思います。