フェデラ-が言っている!

最近フェデラ-が言っていた。
「若い選手はもっとネットプレ-をすべき」だと!
色々な意味があるだろうが、私は「テニスはベ-スラインの打ち合いだけがテニスではないテニスにはもっと色々なショットがあるはずだ、だからそれらのショットを駆使してプレ-をすべきだし、引き出しを多くすればプレ-の幅が広がりもっともっとテニスを楽しむ事が出来るはずである」と!
この事は日本の選手に指導者に声を大きくいうのである!
数年前あるコ-チ、それも日本でテニス協会の認定する「エグゼティブコ-チ」と言われるコ-チがスク―ルで「これからはラケットが進化し、プレ-、特にグランドストロ-クが進化しているからネットプレ-をしてもあまり意味がない」と言っていた。
私はその時このコ-チは何を言っているんだろうと思った。
そして日本のジュニアはこれでは強くなれないと強く感じた。
日本ではこれに加えて主として「オムニコ-ト」というジュニアの成長にとって最悪のコ-トサ-フェ-スでプレ-しているからである!!
私の高校時代の同級生で日本テニス協会の指導強化理事である「倉光君」も言っているが日本人はもっとベ-スラインの内側へ入り、ネットへ出て勝負すべきである!
錦織選手は勿論ベ-スラインのプレ-は素晴らしいが、更に素晴らしいネットプレ-も持っているから体格に勝る外国選手が「彼を恐れているのである」つまり引き出しが多いのである。
これは彼がジュニアのころからテニスの全ての技術をしっかり練習してきたからと思う。
日本のジュニアももっとテニスの全ての技術を身につける必要がある!!
加えて「オムニコ-ト」でなく!!