ル-ルを守ってこそ!

先日ある県の高校の試合に私の教え子も参加したので行ってきた。
そこで、タイブレ-クの試合があり、ある選手がチェンジコ-トの際ベンチに座って休息を取っていた。
これはあきらかにル-ル違反で、このル-ルは国際ル-ルである。
試合が終わってから選手にこれを言ったら「知りませんでした!」と平然と言ってました。(実際には何が悪いんだ!という態度で!)
また、これは高体連のル-ルらしいのですが、コ-トの後ろにタオル等を置いて汗を拭く行為は禁止されてるはずなのにこれを平然と行っている。
私は選手が知らないという事も問題であるが、高体連のレフェリ-が本部に座っていて誰も何も見回っておらず、注意もせずにいる。
この事は怠慢行為と言っても過言でないと思います。
また、フットフォ―ルトする選手も多く見受けたが、大会本部は誰も注意をしない!
スポ-ツはルールがあり「ルールを守ってこそスポ-ツである!!」
この事を選手個人個人が必ず知っていて、これを守る事をしないとこれはスポ-ツでなくなってしまう!!
つまり、「何をやっても勝てば良い!」という事になってしまう!!
日本は2020年オリンピックパラリンピックを開催するが、こんなことではいつまでたっても「島国日本でグロ-バル化出来てない国!!」と言われてしまう!!
皆で並んで挨拶する等の行為は、日常のしつけの問題で当たり前のことである、そしてこんな当たり前のことやっている子が学校が態度が良いと言われたりする。
「ルールを守る」という事はそれ以前の問題である!!
大人たちは目先の「勝ち負け」にばかり気をむけるのでなく、このような基本的な
事を守る事に注力してほしいと思う!!