Archive for 5月, 2014

会社|マシン|テニス|その他

テニス ジュニアテニススク-ル開催

この度スピンジャパンでは新しく、ジュニアテニススク-ルを開催します。

会場:本厚木ロ-ンテニスクラブ

開催日:当面 6月3日(火)より 6月~9月まで、火曜日、木曜日の午後6:00~9:00

10月より増加予定。

お問い合わせ先:スピンジャパン:0120-012-471

:菅 高臣携帯 090-9204-8427

スク-ルの特徴:コ-チ 菅 高臣

:ヒッティングパ―トナ-を「現役大学体育会インカレクラス」が行う日本では数少ない

システム

:将来アスり-トを目指すジュニアに対し、基本技術、戦略戦術を実践的に指導

詳しい事をお知りになりたい方は上記お問い合わせ先へ!!

 

 

 

 

 


テニス フットワ-ク&ステップワ-ク

テニスにおいて「フットワ-ク、ステップワ-ク」は非常に重要な要素の一つです。

スイングの前にボ-ルにしっかり行ってなければ絶対に良いスイングは出来ないし、

良い打点でボ-ルをヒットできません。

先日全仏オ-プンで、奈良選手が一回戦を勝ちましたが、それに対する松岡修造氏の評価で

フットワ-クの事を挙げてました。

奈良選手は1年かけてフットワ-クの改善に取り組み、WTAで初優勝し、今回全仏で初の

一回戦突破を果たしました。

松岡氏は、奈良選手はそれまで細かいフットワ-クで戦ってきたが、それだけでは今以上に勝てない

今以上に勝つには大きなフットワ-クも必要である、奈良選手はこれを克服したので今日があると!

私は「フットワ-ク」+「ステップワ-ク」と考えている。

この事は私の高校の同級生で「ライジング」の名手であった倉光哲氏も言っている。

是非、ジュニア、指導者の方々、スイングも重要ですが、「フットワ-ク、ステップワ-ク」の重要性

を認識してほしいと思います。


テニス その他 小さい時期の経験

ヤンキ-スの田中マ-君はご存知のようにメジャ-に行っても活躍していますが、彼は変化球を

すぐにマスタ-する器用さがあるそうです。

基となっているのは少年時代暇さえあれば壁当てをやったり、自宅でもボ-ルを握り続けていたとの

事、常にボ-ルに触る事で指先の微妙な感覚が養われたとのことでした。

テニスも同じような事が言えて、グリップをしっかり覚える為に暇さえあればラケットを握る、この事は私

が小さい頃師事した「熊谷 一也」さんにも言われました。

「グリップはすごく大事だ、だから家にいる時でも常に握って身につけなさい」と!

また、ボ-ド打ちはすごく大事で、これでテニスを覚え、強くなった選手も数多くいます。

代表的な選手はかつての女子の世界No1アメリカの、アンドレア・イエ-ガ-は小さい頃自宅のガㇾ-

ジの壁で毎日のようにボ-ルを打っていたという話は有名です。

私もテニスを始めた中学時代(昭和32年頃です)クラブでも相手をしてくれる相手がいなくてプレ-する

人も少なかったので毎日のようにボ-ド打ちをしてました。

グランドストロ-クは勿論、ボレ―、スマッシュ、サ-ブ等全てのショットをやりました。

その際、ショットに回転をかけると弾む方向がその度に違い回転に対する反応の勉強にもなりました。

また、スマッシュはこれで覚えました。

「ボ-ドに勝つことは不可能です」

このように小さい頃の単純で日常的に出来る事の積み重ねは将来に必ず役に立ちます。

何もコ-トの中での練習だけが上達する為のものではないのです。

 

 

 


テニス 錦織選手の躍進

錦織選手が世界のベスト10入りした事は、凄い快挙で明るいニュ-スだと思います。

日本の若者、子供達も僕も私もという気持ちになったと思います。

錦織選手には「全仏オ-プン」への期待が大きいです。

ただ、心配なのは「体力」です。

普通のATPツア-は3セットマッチです、「グランドスラム」は5セットマッチでしかも試合数が多いのです。

「無事これ名馬」と言いますが、まさに技術、精神力に加え、何といっても体力がものを言う世界です。

錦織選手、しっかり体を整えて頑張ってほしいと思います。