Archive for 7月, 2015

会社|マシン|テニス|その他

テニス その他 体調管理

梅雨の晴れ間か毎日猛暑日が続いてます。
このような時には体調を崩すプレ-ヤ-特に子供が多いのです。
先日も私の教え子で軽い熱中症にかかりダウンしました。
暑い日特に夏は(夏に限らずですが!)水分を十分に取る必要があります。
まず、プレ-の前に十分に補給です。
その後のどが渇く前にこまめに補給することが必要です。のどが渇いてからでは遅いのです。
また、前述しましたが、プレ-前に十分補給することは非常に重要です。(250cc飲んでも良いのです)
良く飲みすぎるとお腹が張っていやだという子がいますが、事前に十分に飲んでこれを消費しながらプレ-し、途中でこまめに補給してゆくのです。
実は私自身も50年以上前全国ジュニア18歳以上第5シ-ドの一回戦で熱中症になり危うく負けそうになりました。
当時は「水は飲むな!」の指示がありこれが原因と分かったのは何十年も経ってからです。
夏場のプレ-は(夏場でなくても)水分補給に十分に配慮することを!!


テニス 体力

錦織選手のウインブルドンのリタイヤは非常に残念でした。
プロとして世界中を駆け巡り試合をしていくのは容易な事ではないと思います。
彼には焦らずに万全の体を作って再び活躍する姿を見せてほしいと思います。
いつ見てもプロの試合は過酷で大変なものだと思います。
技術面は勿論、メンタルそして何と言っても体力が無ければ戦い続ける事は不可能なのです。
私も多くのジュニアを教えてきましたし、今でも教えてます。
一番感じるのは体力の無さです。
体力はコ-トの中での練習もさることながら、日々のトレ-二ングが絶対に欠かせないのです。
しかも継続して!!
日々のトレ-二ングをやってるかどうかはすぐに分かります。
ジュニア達は総じて「将来の夢なり願望を聞くと」多くが「プロになりたいです」と言います。
特に初めのころは!
ですが、何年もやっているとその言った言葉のト-ンがだんだん低くなってきます。
日本で、関東で、県で等の言葉に変わってくるのです。
良い素質を持っていて小さい頃そこそこ勝っていて大きくなって消えていく子の方が多いのが普通
です。
体力は試合でのものも必要ですが、練習をする、し続ける体力が必要なのです。
その為には日々のトレ-二ングです。
しかも自分一人で!
日本には「石の上にも三年」という言葉がありますが、これをやれる子が何人いるか?