Archive for 5月, 2016

会社|マシン|テニス|その他

テニス 女子でもサ-ブ

サ-ブ&サ-ビスゲ-ムの重要性については以前から言ってきましたが、これは男子だけでなく女子にも言えます。
私の指導している中学生の女子でサーブが良く色々なタイトルを獲得している子がいます。
体格も良く、左利きで肩が強いのでサ-ブは重点的に指導してます。
ですからサ-ビスゲ-ムのキープ率は非常に高いです。
サ-ビスゲ-ムを全てキ-プすればセットの半分が取れるのは当たり前の話です。
ちょっと苦言ですが、巷のスク-ル、学校ではサ-ブの練習が少なすぎるように思います。
なにも時速200㎞のサ-ブを目指せと言っているのではありません、相手が打ちにくい、攻撃しずらいサーブを身につけサ-ビスゲ-ムキープ率を上げるようにする練習をする事です。
テニスは絶対にラリ-からは始まりません。
テニスは「サ-ブ」からスタ-トです!!


テニス その他 努力とは?

様々な世界で「努力」をすることの大切さ、重要を説いているものが世の中にある。
スポ-ツにおいても同様であり、私が携わるテニスも同様である。
その昔かなり著名な方が「努力は決して嘘をつかない」と言われたのを覚えている。
これには付け加える言葉があるのではないかと思う。
私は最近、野球の野村克也氏の書いた本を読んだ。
そこで、野村氏は「努力しようとする姿勢は大切だ。だが、その方法を間違っていては、時間と体力を浪費するだけで、全てが水の泡となってしまう」言っている。
私も同感である。彼は「時間と体力の浪費」と言っているが、更にもっと悪いことに間違った努力は「成長を妨げてしまう」のである。
この事は努力する本人は勿論の事、指導する指導者も努力の内容、方法を絶対に間違ってはいけないと思っている。
その為に特に指導者は常に「勉強、研究」を怠ってはいけないと思う!!